糖尿病を見る

糖尿病の合併症

糖尿病を治療せずにおくと、病気はどんどん進んでしまい、5~10年で合併症を起こす可能性が高くなります。

短時間で進行する急性合併症

糖尿病の合併症のほとんどは血糖値が高い状態が続くことにより起こる慢性合併症ですが、まれに体調の変化などをきっかけに短時間で進行する急性合併症もあります。意識障害など重症化することもあるので、早急に対応をする必要があります。

糖尿病、放っておくとどうなる?

中でも怖いのは、慢性合併症です。糖尿病の進行とともに三大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症が起こってきます。

病気の進行とともに徐々におこる慢性合併症

慢性合併症は、糖尿病の進行とともに少しずつ起こってくるもので、血糖値が高い状態が長く続くほどリスクが高くなります。糖尿病の初期は自覚症状がほとんどなく、治療を受けなかったり、中断してしまったりすると、病気が進行して合併症が発症してしまいます。血糖値だけでなく、高血圧、肥満・脂質異常症などメタボリックシンドロームと関連することが多く、全身の血管や神経に悪い影響を与えるため、体のいろいろな場所に合併症が起こります。症状に気づいてからでは回復が困難なことも多く、早期発見・治療が重要です。

三大合併症(細小血管障害)

糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症は、糖尿病の三大合併症といわれています。高血糖状態が長く続くことによって細い血管(細小血管)が障害され起こります。血管が細いほど高血糖による障害を受けやすく、眼、腎臓、神経は体の中でも細い血管が多いためこれらの合併症が起こりやすいのです。

糖尿病神経障害

糖尿病になって5年ほどたつと起こることが多く、網膜症や腎症に比べ早い段階から現れます。
高血糖の状態が続くと、全身に張り巡らされた神経にも影響が及び、直接的に末梢の神経が損傷を受けたり、これらの神経を養う血管が障害されたりすることで起こります。
痛みなどを感じる感覚神経、臓器の働きを調整する自律神経、運動神経も障害されます。神経の障害は、より末端にある神経から起こり、足先や足裏のしびれや痛み、感覚異常が典型的な症状です。足先だけでなく全身の神経が障害されるため、顔面神経や眼球の動きにかかわる神経が麻痺したり、自律神経が障害されると起立性低血圧(たちくらみ)や便秘・下痢、膀胱機能障害、勃起障害(ED)の原因にもなります。痛みを感じにくくなっているため、ちょっとした足の傷などにも気づかず、重症化して壊疽(えそ)になり足の切断の原因になることもあります。
治療の基本は血糖のコントロールで、神経障害に対する薬剤、痛みやしびれに対する薬剤が使われることもあります。

糖尿病の合併症

中でも怖いのは、慢性合併症です。糖尿病の進行とともに三大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症が起こってきます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病になってから5~7年で約10~20%の方に発症し、失明や視力障害の主な原因になっています。
目の奥には網膜という組織があり、光や色を感じる役割をしています。網膜には目に酸素と栄養を供給する毛細血管が広がっていますが、血糖値が高い状態が続くとこれらの血管が障害され、視力の低下や失明などの視力障害が起こります。網膜症の視力障害は屈折異常ではないため、眼鏡やコンタクトレンズでは矯正できません。

糖尿病網膜症は、進行の程度によって3つの段階に分かれます。

単純網膜症(第一段階)では、網膜の血管壁が弱くなってこぶのように膨れ(毛細血管瘤)、こぶが破れて小さな出血(点状出血)が起こります。この段階では症状はなく、眼底検査を受けない限りわかりません。血糖を良好にコントロールすることが治療の基本となります。

増殖前網膜症(第二段階)は、網膜の血管が閉塞し、酸素や栄養が送られにくくなった状態です。出血の量も増え、シミのようなもの(軟性白斑)ができてきます。この段階も症状はほとんどありません。網膜の酸素不足を回避し、進行を抑えるためにレーザーを用いて治療します(光凝固治療)。

増殖網膜症(第三段階)は、毛細血管の血流が途絶えた部分には、酸素や栄養を補おうとして新生血管とよばれる新たな血管が増殖します。新生血管はもろいため、硝子体出血とよばれる眼底の出血や網膜剥離を起こしやすく、視力が急速に低下します。レーザーを用いた治療、硝子体手術が行われます。

糖尿病の合併症(慢性合併症)

中でも怖いのは、慢性合併症です。糖尿病の進行とともに三大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症が起こってきます。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は神経障害や網膜症より遅く、糖尿病発症から10年以上経過してからあらわれることが多いです。人工透析療法を導入する原因の第1位になっています。
腎臓は、糸球体というところで血液中の老廃物や余分な水分をろ過して取り除き、尿として体の外へ排出しています。糖尿病腎症は、糸球体の血管が障害されるため、老廃物や不要な水分を排泄できなくなります。また、本来は排泄されないたんぱくなどの物質がろ過されてしまい、尿中に出てきます。腎臓は障害されてもすぐに自覚症状が出ず無症状で進行し、むくみや吐き気、体がだるいといった症状が出るのはかなり進行してからです。腎症が進行すると腎不全となり、透析療法によって体の老廃物や余分な水分を人工的に取り除かなければならなくなります。腎症を進行させないためには、血糖のコントロールだけでなく、高血圧も進行に大きく関わっているため、血圧のコントロールも重要です。

糖尿病の合併症(慢性合併症)

糖尿病の慢性合併症には、細い血管(細小血管)が障害されて起こる三大合併症のほかに、太い血管に起こる大血管障害があります。

大血管障害

糖尿病の患者さんでは、健康な人より動脈硬化を起こしやすく、脳心血管障害の原因になることは既にご紹介したとおりです。(動脈硬化についてはこちら)
大血管障害では、大きな動脈の動脈硬化によって血管が狭くなり血流が悪くなって、必要な血液が足りない状態(虚血)や血管が完全に閉塞して血流が途絶えてしまった状態(梗塞)が起こります。

狭心症・心筋梗塞(心臓に起こる)
心臓に栄養や酸素を供給する冠動脈の内腔がプラークにより狭くなって起こるのが狭心症です。プラークの破裂により血栓ができて血流が完全に途絶えて起こるのが心筋梗塞です。

脳血管障害(脳に起こる)
脳の動脈が狭くなって虚血状態となった状態を一過性脳虚血発作といい、血管が完全に閉塞してしまった状態が脳梗塞です。

閉塞性動脈硬化症(足に起こる)
足の付け根、太もも、ふくらはぎなどの血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり、詰まってしまったりする病気です。初期では足のしびれや冷えを感じる程度ですが、病気が進むと一定の距離を歩くと足が痛んで歩けなくなり、少し休むと歩けるようになる「間欠性跛行」という症状があらわれ、さらに進行すると、安静にしていても痛みを感じるようになります。潰瘍(かいよう)ができ、壊疽(えそ)を起こすこともあります。神経障害を合併すると、さらに悪化しやすくなり、足切断にいたることもあります。

その他の慢性合併症

その他にも糖尿病の慢性合併症として、認知症、糖尿病足病変、歯周病、骨粗しょう症、網膜症以外の眼の合併症、皮膚の合併症、手の障害、悪性腫瘍などが挙げられています。

メニュー