糖尿病を見る

糖尿病、放っておくとどうなる?

糖尿病では高血糖が続くことに加え、高血圧、脂質異常症、喫煙、加齢などさまざまな危険因子が重なるとさらに動脈硬化が進み、脳・心血管疾患につながることが知られています。

糖尿病の患者さんでは、健康な人に比べ動脈硬化を起こしやすい

動脈硬化は、動脈の内側の壁にプラーク(コレステロールなどの塊)ができて、血管の中が狭くなってしまった状態です。動脈硬化が進むと、血管がプラークでふさがったり、プラークが破れてできた血栓が脳や心臓などほかの場所に流れていき血管を詰まらせて、心筋梗塞や狭心症、脳血管障害などの原因になったりします。
血糖値が高い状態が続くこと以外に、肥満、脂質異常症、高血圧、メタボリックシンドローム、喫煙、加齢などが動脈硬化の危険因子となります。
糖尿病の患者さんでは、心筋梗塞を起こす危険度は健康な人の3倍以上、脳梗塞を起こす危険度は2~4倍高くなっています。

糖尿病、放っておくとどうなる?
メニュー