糖尿病を見る

糖尿病の種類がある?

2型糖尿病は、中高年に多く発症し、肥満・ストレス・運動不足などにより、インスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすることで起こります。

2型糖尿病

日本人の糖尿病の患者さんの約90%が2型糖尿病といわれ、大部分を占めています。
膵臓からのインスリンの分泌が遅れたり、少なくなったりする(インスリン分泌低下)、またはインスリンの働きが悪くなったりする(インスリン抵抗性)ことで起こります。
インスリンの分泌低下には遺伝的な素因(家系)が関係していて、日本人にはこの素因を持つ人が多いといわれています。
インスリン抵抗性には、食べ過ぎ、運動不足、肥満などの生活習慣(環境因子)が深く関わっていて、特に「内臓脂肪型肥満」と密接に関係しています。
血糖値が高い状態が慢性的になると、インスリンの分泌低下が進み、インスリン抵抗性も高まります。その結果、さらに血糖値が高くなりインスリンの作用が不足する、という悪循環におちいります。これを「糖毒性」といいます。
2型糖尿病は中高年に多く発症しますが、近年では若くても肥満や乱れた食生活や運動不足などが続くことにより、発症が増えてきています。
食事や運動など生活習慣を改善することが治療の中心となりますが、あわせてインスリン治療を行う場合もあります。

糖尿病の種類について
メニュー