糖尿病を見る

糖尿病の種類がある?

糖尿病は1型糖尿病、2型糖尿病、その他の特定の機序・疾患による糖尿病、妊娠糖尿病の4つのタイプに分けられます。

日本人が発症する糖尿病の大部分は2型糖尿病

糖尿病は、1型糖尿病、2型糖尿病、その他の特定の機序・疾患による糖尿病、妊娠糖尿病の4つのタイプに分けられます。そのうち90%以上は2型糖尿病、約5%が1型糖尿病、残りがその他の糖尿病と妊娠糖尿病です。

その他の特定の機序・疾患による糖尿病

このタイプには、インスリンの分泌や肝臓の働きなどに関わる特定の遺伝子の異常や、膵臓や肝臓など他の病気、内分泌疾患に伴うもの、ステロイドなどの薬剤がきっかけとなって糖尿病を発症するものが含まれます。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、「妊娠中に初めて発見または発症した糖尿病には至っていない糖代謝異常」と定義されており、母体にも胎児にも影響を及ぼします。多くの場合、出産後に糖代謝は正常に戻りますが、妊娠糖尿病の経験がある人は、その後糖尿病を発症しやすいことが知られています。もともと糖尿病があって妊娠した場合は妊娠糖尿病とはいわず、「糖尿病合併妊娠」といいます。
また、妊娠時に診断された明らかな糖尿病は妊娠糖尿病には含まれません。

糖尿病の種類について
メニュー