糖尿病を見る

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病は、インスリンの作用が不足することにより、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

血糖とは?

食事をすると、食べものに含まれる糖質は分解されてブドウ糖になります。ブドウ糖は血液によって運ばれ、全身のエネルギーとして使われます。血液に含まれるブドウ糖を血糖といい、その量は血糖値で表されます。

ブドウ糖はどのように体内で使われるの?

健康な人では、食事でとったごはんやパンなどの炭水化物(糖質)は、ブドウ糖として小腸から吸収されたのち肝臓に送られ、そこから全身に運ばれエネルギーとして使われます。
また、肝臓に送られたブドウ糖の一部は「グリコーゲン」に形を変えて貯蔵され、空腹になると分解されて再びブドウ糖となり、全身に運ばれエネルギーとなります。
全身に運ばれたブドウ糖のうちエネルギーとして使われず余ったものは、筋肉に取り込まれ「グリコーゲン」として蓄えられます。脂肪組織でも余ったブドウ糖が中性脂肪として蓄えられ、エネルギーが不足したときに利用されます。この過程を「糖代謝」とよびます。

インスリンとは?

上記の「糖代謝」で重要なのが「インスリン」です。インスリンは膵臓のランゲルハンス島で分泌されるホルモンで、血中のブドウ糖(血糖)を細胞に取り込み、エネルギーに変えるなどの働きをして血糖値を下げます。

なぜ糖尿病では血糖値が高くなる?

糖尿病では、インスリンの働きが悪くなったり、インスリンの分泌量が減ることで、インスリンの作用が不足します。そのため、肝臓でブドウ糖を十分に蓄えられなくなったり、全身の細胞でもブドウ糖を筋肉にうまく取り込んだりできなくなるため、血液中のブドウ糖が多くなってしまう(=血糖値が高くなる)のです。

糖尿病ってどんな病気?
メニュー