糖尿病を見る

糖尿病ってどんな病気?

国民の約5人に1人が糖尿病?

現在、糖尿病を治療中、糖尿病が強く疑われる人は約950万人で、糖尿病予備軍も含めると成人の約5人に1人が糖尿病と推計されています※ 。

国民の約5人に1人が糖尿病?

※ 厚生労働省 平成24年 国民栄養・健康調査 (糖尿病予備軍を含む)
※※ 総務省統計局 平成27年8月1日現在(確定値)

詳細を見る

ブドウ糖の量を調節するのはインスリンというホルモン

健康な人では、食事や運動によって血液中のブドウ糖の量が一時的に変動しても、膵臓から出るインスリンが体内できちんと作用して、一定になるようにコントロールされています。

ブドウ糖の量を調節するのはインスリンというホルモン

インスリンの作用が不足すると血糖値が高くなる=糖尿病

インスリンの作用が不足することにより、慢性的に血糖が高くなる病気です。

インスリンの作用が不足すると血糖値が高くなる=糖尿病

詳細を見る

糖尿病の種類がある?

糖尿病には4つのタイプがある

糖尿病は1型糖尿病、2型糖尿病、その他の特定の機序・疾患による糖尿病、妊娠糖尿病の4つのタイプに分けられ、代表的なのは1型糖尿病と2型糖尿病です。

糖尿病には4つのタイプがある

詳細を見る

1型糖尿病は全体の約5%

1型糖尿病は、小児期~思春期に多く発症し、インスリンを作り分泌している膵臓の細胞が破壊されて起こります。

1型糖尿病は全体の約5%

詳細を見る

4つのタイプの中で最も多い2型糖尿病

大部分を占める2型糖尿病は、中高年に多く発症し、肥満・ストレス・運動不足などにより、インスリンの分泌量が不足したり、働きが悪くなったりすることで起こります。

4つのタイプの中で最も多い2型糖尿病

詳細を見る

糖尿病は予防できる?

2型糖尿病の予防には、生活習慣の改善が重要

生活や環境が発症に大きく関わる2型糖尿病では、生活習慣の改善により発症を予防することが重要です。

2型糖尿病の予防には、生活習慣の改善が重要
2型糖尿病の予防には、生活習慣の改善が重要

詳細を見る

糖尿病の発症と進行を防ぐ3つの段階

糖尿病の発症と進行を防ぐためには、生活習慣の改善によって発症を予防する「一次予防」、それに続く「二次予防」、「三次予防」の3つの段階が考えられています。

糖尿病の発症と進行を防ぐ3つの段階

詳細を見る

糖尿病、放っておくとどうなる?

高血糖は動脈硬化をさらに進行させやすくする

高血圧、脂質異常症、喫煙、加齢などさまざまな動脈硬化の危険因子に、血糖値が高い状態が重なるとさらに動脈硬化が進むことが知られ、早い段階から起こります。

高血糖は動脈硬化をさらに進行させやすくする

詳細を見る

糖尿病を放置すると合併症を起こしやすくなる

糖尿病を治療せずにおくと、病気はどんどん進んでしまい、5~10年で合併症を起こす可能性が高くなります。

糖尿病の発症と進行を防ぐ3つの段階

詳細を見る

糖尿病の合併症

「慢性合併症」と「急性合併症」

糖尿病の合併症には、糖尿病の進行とともに徐々に起こる「慢性合併症」と体調の変化などにより突然起こる「急性合併症」があります。

「慢性合併症」と「急性合併症」

糖尿病の三大合併症と大血管障害

中でも怖いのは、慢性合併症です。糖尿病の進行とともに三大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症および大血管障害が起こってきます。

糖尿病の三大合併症

詳細を見る

糖尿病の治療

糖尿病の治療目標は、合併症を起こさない、進行させないこと

糖尿病治療の目標は、血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで合併症を起こさない、進ませないことにあります。

糖尿病の治療目標は、合併症を起こさない、進行させないこと

詳細を見る

治療の3つの柱は食事、運動、お薬

糖尿病の治療には、食事療法、運動療法、薬物療法が挙げられます。

食事、運動、お薬が治療の3つの柱

詳細を見る

メニュー